不妊と高プロラクチン血症の関係

プロラクチンとは脳下垂体から分泌されるホルモンです、通常は乳腺を刺激して、乳汁の分泌を即すホルモンです。しかし、妊娠や出産をしてない時期にプロラクチン・ホルモンが過剰に分泌されると排卵を抑制するため、不妊症の原因となります。

この症状を「高プロラクチン血症」と言い、排卵障害の不妊の原因の1〜2割に当たると言われています。

高プロラクチン血症は、脳腫瘍、流産・中絶、薬剤の影響の他に、原因不明で不妊が引き起こされるものがあります。不妊症の原因の大半は、原因不明なもので、未だ解明されていないのが実状です。高プロラクチン血症も、その一つです。

高プロラクチン血症は、血液検査によって調べることが出来ます。そして、高プロラクチン血症における不妊治療は、脳腫瘍であれば外科的手術が選択されます。その他の場合は、内科的な内服薬の服用が中心の治療になります。

高プロラクチン血症の不妊治療に服用される薬は、カバサール(カベルゴリン)、パーロデル(プリモクリプチン)やテルロン(テルグリド)、など、いずれの薬剤も高プロラクチン血症の不妊治療において効果があるものです。嘔吐などの副作用を持つのが難点です。

高プロラクチン血症にも、不妊症の原因には卵巣や卵管、子宮に原因があるもの、または精子の方に問題がある場合など様々な要因が存在します。

不妊症でお悩みの場合、高プロラクチン血症の可能性もありますので、最寄りの産婦人科で検査を受けられることをおすすめいたします。

ポイント 不妊症の症状について。 不妊の原因にはプロラクチンという脳下垂体から分泌されるホルモンによる「高プロラクチン血症」の場合もあります。高プロラクチン血症はカバサール(カベルゴリン)、パーロデル(プリモクリプチン)やテルロン(テルグリド)薬剤を使用しての治療となります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『高プロラクチン血症による不妊』と関連の記事

黄体機能不全による不妊
基礎体温で不妊を知る
男性が原因の不妊症
続発性不妊症
不妊かなと思ったら
子宮のトラブルによる不妊
不妊症とは

| 不妊症の症状 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。