不妊に関係する黄体機能不全

「黄体機能不全」といって、黄体の機能が正常に働かないことで不妊になるというケースがあります。排卵後に黄体から分泌されるホルモンが、受精卵が着床し易いよう子宮内膜を厚くしてくれます。

しかし黄体の機能が悪くなり分泌されるホルモンが少ないと、子宮内膜が充分に厚くならないため、受精卵が着床出来ずに不妊症になるというわけです。このような事を「黄体機能不全」といいます。

黄体機能不全は、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの低下、子宮内膜の機能の低下などが黄体機能不全の原因ではないかと言われています。

不妊の原因となる黄体機能不全と判断するには、高温期が9日以内、高温期と低温期の温度差が0.3度以内、子宮の内膜が8mm以内、プロゲステロンの数値が10mg/ml未満であることとされています。

黄体機能不全をチェックするためには、基礎体温を測ってグラフをつけます。高温期が短かったり、高温期と低温期の区別が付かなかったりした時には、不妊の原因となる黄体機能不全を疑った方がいいかもしれません。

黄体機能不全の治療方法は、卵胞期に排卵誘発剤のクロミッドを服用したり、黄体期に黄体ホルモンのルトラールやHCGを投与するなどが一般的です。不妊を克服し妊娠したいからと言って、排卵を無理におこして妊娠すればいいという事ではないのです。

黄体機能不全の予防のためには、不節制はしない日常を送り、健康により良い食事をとり、ストレスを溜めないようにすることになります。そして健康的な良質の卵子を育てることが大切になってきます。

ポイント 不妊症の症状について。 不妊症の原因に黄体機能不全があります。黄体機能不全とは、卵巣にある卵胞が排卵した後にできる黄体から分泌されるホルモンが低く、子宮内膜が受精卵の着床しやすい厚さまで成長できずに不妊の原因となるものです。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『黄体機能不全による不妊』と関連の記事

基礎体温で不妊を知る
男性が原因の不妊症
続発性不妊症
不妊かなと思ったら
子宮のトラブルによる不妊
不妊症とは
高プロラクチン血症による不妊

| 不妊症の症状 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。