不妊症にはまず基礎体温から

不妊症の対策では基礎体温を付けることは基本となっています。 「月経=排卵がある」とは限らないということをご存知ですか。毎月月経があるので不妊症の心配はないと考えている人も多いでしょう。しかし子供がほしいと感じていてもなかなか妊娠できない場合は、自分が不妊なのかを確かめるために、基礎体温を計ってみてはいかがでしょうか。

自分の身体は排卵があるのかということを、基礎体温のデータで簡単に知ることができます。月経がきても排卵が無いこともあり、これを無排卵性月経といいます。さらに卵巣機能不全の可能性もあります。このような状態を不妊症といいます。

女性の基礎体温は28周期からなり、月経開始から14日間は低温になり、排卵日になると体温が少し上昇します。排卵日から14日間は高温を保ち、再度低温になると月経が始まります。

このように正しく排卵している女性の基礎体温はグラフにするときれいな二相となります。しかし生理が順調でない女性は、低温期が短かったり高温期が長かったりと、基礎体温の変移はばらばらのグラフになってしまいます。

このように基礎体温の安定しないグラフを見て、排卵がないことや、ホルモン分泌に問題があると判断できます。ここからも不妊症の可能性が示唆されているといえます。毎月月経が正しくあるからといっても、不妊症でない可能性はゼロではないでしょう。一度基礎体温を計ってみることで、自分の状態を知ることができます。基礎体温は不妊症対策では簡単にできるチェックですので、ぜひとも付けてみましょう。

ポイント 不妊症の症状について。 基礎体温は基本になります。毎月、生理が来るから不妊ではないと思っていても妊娠できない時は、身体を知るために基礎体温を測ってみましょう。生理がある=排卵があるとは限らないため、基礎体温で測るのがよくなります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『基礎体温で不妊を知る』と関連の記事

黄体機能不全による不妊
男性が原因の不妊症
続発性不妊症
不妊かなと思ったら
子宮のトラブルによる不妊
不妊症とは
高プロラクチン血症による不妊

| 不妊症の症状 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。