子宮卵管造影検査で不妊検査

子宮卵管造影検査で不妊症になっているかどうかの検査が可能です。 そもそも不妊治療には、卵管異常を調べるための、通水検査と通気検査というものがあります。これは卵管が詰まっていないかを確認する検査ですが、この2種類の検査を行っても卵管の癒着状態を完全に知ることが実はできない場合があります。

しかし造影剤を使った子宮卵管造影という検査では、よりはっきりとした卵管の状態を知ることができます。 子宮卵管造影検査では卵管の詰り具合と子宮内の異常を確認することができます。子宮卵管造影検査では子宮口から小さいバルーンのようなチューブを入れていきます。造影剤をチューブから入れ時間を置いてレントゲンを撮っていきます。

卵管が詰まっている場合は、その詰まっている部分から造影剤が入っていけずレントゲンには写らないことから癒着を確認できます。

この癒着は不妊の原因となるものですが、軽いものの場合、子宮卵管造影検査をしたときにはがれる可能性もあります。この検査は子宮内や卵管の状態を調べるだけではなく、不妊治療としても行われています。子宮卵管造影検査後の3ヶ月は妊娠率が上がるといわれています。

細いとはいっても子宮口からチューブを挿入するので、この検査を行う際、若干の痛みを感じるでしょう。しかし子宮卵管造影検査は不妊の6大検査のひとつなので、不妊の原因を見つけるチャンスでもあります。

子宮卵管造影検査では、検査により妊娠できる可能性もあるので、やってみる価値はあるのではないでしょうか。

ポイント 不妊症の検査方法について紹介しています。 卵管の癒着部位や状態をより詳しく知るために、不妊治療で行なわれる検査に造影剤を使った子宮卵管造影というものがあります。子宮卵管造影検査によって妊娠できる可能性もあります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊検査の子宮卵管造影検査』と関連の記事

不妊症の検査
不妊検査の卵管通気・通水検査
不妊検査のフーナーテスト

| 不妊症の検査 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。