卵管通気・通水検査による不妊検査

不妊治療にも様々な療法がありますが、有名な検査として卵管通気・通水検査を使った方法があります。卵管通気・通水検査は卵管の詰りが原因で妊娠できない可能性がある場合に行われます。

不妊検査で行われる卵管通気検査では、子宮口をふさいだ状態で生理食塩水を子宮内に入れることで卵管の詰まりを調べます。卵管が詰まっているとこの検査では痛みを感じることがありますが、詰まりなど異常がない場合は痛みがないといわれています。通水検査では生理食塩水ではなく、炭酸ガスを駐留することで通過性の状態を調べます。

卵管通気・通水検査は卵管の詰まりを検査するだけでなく、不妊治療の効果があるといわれています。もし癒着などで詰まっている場合は、検査によってはがれる可能性があるので不妊検査と不妊治療と両方の用途で行われるのです。

癒着状態が軽いものだと、卵管通気と通水検査を何回か行うことで詰まりがなくなることもあります。食塩水や炭酸ガスにより癒着がはがれる際に激しい痛みを感じることもあるようでが、我慢できないほどの強い痛みであれば、無理せず医師に報告しましょう。

これらの卵管通気・通水検査ではっきりと不妊の原因がわからなかった場合、より細かいところまで、子宮や卵管の状態を知ることができる卵管造影検査というものもあります。卵管通気・通水検査だけでなく、卵管造影検査も受けてみることをおすすめいたすます。

ポイント 不妊症の検査方法について紹介しています。 卵管通気・通水検査は、不妊治療で卵管の詰まりが不妊の原因に対して行なわれる検査です。卵管通気・通水検査で異常が見つからない場合は卵管造影検査がおすすめになります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊検査の卵管通気・通水検査』と関連の記事

不妊検査の子宮卵管造影検査
不妊症の検査
不妊検査のフーナーテスト

| 不妊症の検査 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。