不妊症の検査方法

不妊症の原因は様々で、産婦人科では治療の前に不妊の原因を突き止めるための検査があります。黄体機能不全の検査、排卵があるかどうか、さらにホルモンの基礎値などを調べます。これらの検査は基礎体温を測ったり、月経初期に採血などをしてから行います。

このような検査の結果により、原因を発見し治療を開始していきます。検査によって排卵に問題があることがわかった場合は、正常に排卵が行われるように治療します。また、ホルモンに異常があることが分かった場合は、正常に戻すための薬の投与を行います。

さらに、月経が終わると卵管の通水検査を行います。これは卵管の詰まりがないかを検査するもので、問題がある場合は造影剤を使用した卵管造影検査を行う流れとなっています。

卵管造営検査や通水検査は、若干痛みを感じる人もいるようですが、検査後は卵管の通りがスムー合うになることから、不妊を改善できるといわれています。

排卵の時期になると超音波エコーを使用し、卵胞のサイズや成熟具合を検査します。この検査を行うと同時に子宮内膜の状態も診ます。内膜の厚さが足りないと、受精卵が着床しにくく不妊の原因となる場合もあります。

また、ホルモンのバランスが悪いと排卵障害や卵胞の発育不全などといった症状がでてきます。このようなことも不妊の元となるので、検査のほかにセルフケアも必要です。

ポイント 不妊症の検査方法について紹介しています。 不妊症で病院を診察を受けると、まず検査が行なわれます。女性不妊の検査は、基礎体温の測定、排卵の有無、黄体機能不全の可能性を調べます。不妊になると各種の検査をしていきます。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊症の検査』と関連の記事

不妊検査の子宮卵管造影検査
不妊検査の卵管通気・通水検査
不妊検査のフーナーテスト

| 不妊症の検査 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。