フーナーテストで不妊検査

不妊症検査のひとつにフーナーテストという検査があります。フーナーテストは医師より指定された期間中性交を行わず、排卵日の近くになってから性交し、12時間以内に頸管粘液中の精子の動向を知る検査をいいます。

頸管粘液が正常に分泌しているなら、精子が子宮に入りやすい状態にあるといえます。そのため頸管粘液の分泌が不十分な場合も妊娠できない原因のひとつと考えられます。フーナーテストは、頸管粘液の状態を調べるための検査ということになります。

フーナーテストは1回の検査結果が良くなかったとしても2、3回受けた内1回でも正常であれば問題ないといわれています。多くの精子の動きが活発であれば問題なしとみなされますが、頸管粘液中の精子の動きがすべてにぶいと不妊の原因となる可能性がでてきます。

女性の身体は、まれに精子抗体をもっていることがあります。このような場合精子が子宮に入っていけない、または入っても受精できないことがあります。このような妊娠しにくい抗精子抗体の原因をフーナーテストで知ることができるでしょう。

不妊治療を受けている女性のごく一部に抗精子抗体がある人がいます。これは血液検査で知ることができます。フーナーテストの結果をみて不妊症の可能性があった場合は血液検査も行ってみるといいでしょう。不妊で悩んでいる人は、自分の不妊の原因を早めに突き止め治療を開始しましょう。 フーナーテストは、不妊の原因を解明する一つの検査方法になります。

ポイント 不妊症の検査方法について紹介しています。 不妊症の原因を調べる検査にフーナーテストというものがあります。フーナーテストは、排卵日の近くに性交して数時間〜12時間以内に来院し、頸管粘液中の精子の動きなどの状態を見る検査です。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊検査のフーナーテスト』と関連の記事

不妊検査の子宮卵管造影検査
不妊症の検査
不妊検査の卵管通気・通水検査

| 不妊症の検査 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。