不妊症の検査 カテゴリー一覧

不妊検査の子宮卵管造影検査
卵管の癒着部位や状態をより詳しく知るために、不妊治療で行なわれる検査に造影剤を使った子宮卵管造影というものがあります。子宮卵管造影検査によって妊娠できる可能性もあります。子宮卵管造影検査で不妊検査 子宮卵管造影検査で不妊症になっているかどうかの検査が可能です。 そもそも不妊治療には、卵管異常を調べるための、通水検査と通気検査というものがあります。これは卵管が詰まっていないかを確認する検査ですが、この2種類の

不妊症の検査
不妊症で病院を診察を受けると、まず検査が行なわれます。女性不妊の検査は、基礎体温の測定、排卵の有無、黄体機能不全の可能性を調べます。不妊になると各種の検査をしていきます。不妊症の検査方法 不妊症の原因は様々で、産婦人科では治療の前に不妊の原因を突き止めるための検査があります。黄体機能不全の検査、排卵があるかどうか、さらにホルモンの基礎値などを調べます。これらの検査は基礎体温を測ったり、月経初期に採血などをし

不妊検査の卵管通気・通水検査
卵管通気・通水検査は、不妊治療で卵管の詰まりが不妊の原因に対して行なわれる検査です。卵管通気・通水検査で異常が見つからない場合は卵管造影検査がおすすめになります。卵管通気・通水検査による不妊検査 不妊治療にも様々な療法がありますが、有名な検査として卵管通気・通水検査を使った方法があります。卵管通気・通水検査は卵管の詰りが原因で妊娠できない可能性がある場合に行われます。 不妊検査で行われる卵管通気検査

不妊検査のフーナーテスト
不妊症の原因を調べる検査にフーナーテストというものがあります。フーナーテストは、排卵日の近くに性交して数時間〜12時間以内に来院し、頸管粘液中の精子の動きなどの状態を見る検査です。フーナーテストで不妊検査 不妊症検査のひとつにフーナーテストという検査があります。フーナーテストは医師より指定された期間中性交を行わず、排卵日の近くになってから性交し、12時間以内に頸管粘液中の精子の動向を知る検査をいいます。 頸管粘液が正


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】




- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。