人工授精で不妊治療

不妊治療には人工授精の方法もあります。 一般的にいって、不妊治療は負担が少ないものから試し、妊娠しない場合に、徐々に高度な方法へと進んでいきます。

しかし、タイミング指導や排卵誘発剤の使用で、不妊治療の効果が見られないことがあります。また、フーナーテストの点数も良くないことも出てきます。こういった状態になると人工授精の方法が検討されます。

不妊治療に用いられる人工授精は、残念ながら100%妊娠できる方法ではありません。 妊娠に至る確立は1割程度といわれ、決して高い数字ではないでしょう。そのため、人工授精は1度試すだけでなく、何度か継続して行なう必要もでてきます。

不妊治療として、人工授精を行なう回数は、患者の年齢、医療機関の治療方針などで異なります。一般的には5回から10回位を行なう人が多くなります。

体外受精と人工授精

しかし人工授精を続けても子供が授からない場合は、より高い技術が必要とされる体外受精の方法が検討されます。体外受精は人工授精の技術の一種になります。

一般的な人工授精は、体内の中で卵子と精子の受精ができるように治療を続けます。しかし体内での人工授精が難しい場合は、体外に取り出して受精させて、それを母胎に戻す方法を取るのが体外受精になります。

簡単に言ってしまいますと、体外受精は人工授精の一つになるということです。

実際の体外受精で不妊治療を行なう手順としては、排卵日を予想することから始まります。超音波エコーなどを用いて排卵日に見当をつけ、排卵予想日に精液を採ります。精液は採取する日の5日前から、溜めておくことが要求されます。

精液は奇形率、運動率、数量が確認され、洗浄濃縮されます。更に、卵子との受精率を高めるために、培養液に浸けられ活動力を高めます。その中から良好な精子が選ばれ、子宮に入れられます。

ポイント 不妊症と人工授精について。 人工授精は不妊治療の方法の一つです。体外受精も人工授精の一つになります。人工授精は、タイミング指導や内服、排卵誘発を行なって妊娠できず、さらにフーナーテストの結果も悪い場合に行われます。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊治療の人工授精』と関連の記事

顕微授精による不妊治療

| 不妊症と人工授精 |

- 関連記事 -
- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。