多嚢胞性卵巣症候群と不妊のメカニズム

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)とは、女性の排卵に障害が生じて卵巣内に卵胞が多くたまり、月経異常や不妊を生じす病気をいいます。PCOSと略されます。

多嚢胞性卵巣症候群は不妊症の原因ともわれていますが、多嚢胞性卵巣症候群が必ず不妊と関係があると決めつけるのは危険すぎます。

しかし多嚢胞性卵巣症候群を患っている女性の約70%が卵巣の膜が固く、排卵が困難な傾向にあり、そのため不妊になる確率が通常よりも高くなっています。

多嚢胞性卵巣症候群になると、排卵が難しくなるため、不妊になると言われています。

多嚢胞性卵巣症候群となる原因は、実はまだはっきりと分かっていません。男性ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンのバランスが崩れたり、卵巣が正常に機能していない事などが原因とはいわれています。

血液を採取し、血中における黄体ホルモンや男性ホルモンの濃度を調べることで、不妊原因の多嚢胞性卵巣症候群かどうかが簡単に分かります。超音波検査で調べてみると、卵巣の中に通常の人よりも多くの卵胞を見つけることができます。この状態のことは“ネックレスサイン”と呼ばれ、真珠のネックレスの様に沢山つながって見えることからそう言われます。

不妊の原因となりうる多嚢胞性卵巣症候群の主な症状は、排卵が困難なため生理不順だったり、無排卵だったり、卵胞が成長しすぎて男性ホルモンが増加し毛深くなったり、肥満になったり、黄体ホルモン不足が足りなくなり起こる、月経過多などが挙げられます。

多嚢胞性卵巣症候群の治療では、クロミフェン薬や、hMG-hCG療法による排卵誘発が行われます。

ポイント 不妊症の原因について説明しています。 不妊症の原因に多嚢胞性卵巣症候群があります。多嚢胞性卵巣症候群となる原因はまだ解明されていませんが、男性ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンバランスが乱れていることや、卵巣の代謝が悪いことなどが原因といわれています。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群』と関連の記事

不妊治療での排卵誘発
抗精子抗体が原因の不妊症
不妊の原因 子宮内膜症
不妊の原因となるピックアップ障害
不妊の原因となる性感染症
不妊の原因となる生理不順

| 不妊症の原因 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。