子宮内膜症が不妊の原因になる仕組み

本来、子宮に出来る内膜が別の所に出来てしまう病気が子宮内膜症です。内膜がはがれ落ちることで月経になるわけですが、子宮の内側以外の場所にできてしまったものは、はがれても出ていく場所が無く、たまってしまいます。これが子宮内膜症という症状です。

子宮内膜症になると必ず不妊になるとは限りませんが、炎症したり癒着することで、不妊の傾向が強くなることは確かです。症状としては、生理の出血が増えたり、生理痛がひどくなったり、また生理じゃない時に腹部や腰や骨盤あたりが痛くなったりします。

子宮内膜症によって、卵子が卵管に吸い込まれなくなったり、吸い込まれても中で癒着をおこして通れなくなると不妊になるのです。たまっている血液を吸収しようと、卵巣や骨盤壁、卵管や子宮などが炎症がし、癒着してしまうからです。

子宮内膜症の治療方法としては、対症療法、薬物療法、手術などがあります。

子宮内膜症における対症療法とは、鎮痛剤を服用する方法です。 薬物療法は、薬によって病巣を小さくさせる方法です。薬物療法では、ホルモン剤が投与されますので、短期的に月経がストップします。また何度も子宮内膜症を繰り返している場合には、腹腔鏡手術などで治療しないとなりません。

不妊治療を受けに訪れている患者に腹腔鏡検査をすると、大体6割の女性に見つかると言われるほど子宮内膜症は多く、決して珍しい病気ではありません。不妊の原因が子宮内膜症でアルコと多いため、で悩む前に早めに産婦人科で検査された方がいいでしょう。

ポイント 不妊症の原因について説明しています。 子宮内膜症とは子宮の内側にできる内膜が子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。月経になると内膜がはがれて出血を起こしますが出口がなく腹腔内などに溜まったままになるのが子宮内膜症です。子宮内膜症になれば不妊症になるといことではありませんが、炎症を起こしたり、癒着したりすることで不妊の原因となります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊の原因 子宮内膜症』と関連の記事

不妊治療での排卵誘発
抗精子抗体が原因の不妊症
不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群
不妊の原因となるピックアップ障害
不妊の原因となる性感染症
不妊の原因となる生理不順

| 不妊症の原因 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。