生理不順と不妊

女性には毎月、生理がありますが、中には生理不順となってしまう方もいらっしゃいます。 生理不順は、生理の周期が乱れてしまうことをいいます。

ただし、生理も人それぞれで個人差がありますから、生理の周期が普通よりも長いとか短いとかだけで生理不順とか、不妊と決めつけるのは危険な判断になります。

一般的には生理は、25日周期か38日周期でやってきます。 しかしホルモンのバランスが安定していないとか、長かったり短かったりバラバラだったりと生理不順になってしまうことがあります。

不妊につながる生理不順〜頻発月経・稀発月経

生理不順にも不妊となる症状があります。それは、頻発月経と稀発月経です。

生理不順における「頻発月経」とは、主に生理の周期が短いものをいいます。頻発月経になるのは、排卵がないもの、卵胞の期間が短い、黄体ホルモンの異常などの原因が考えられます。

逆に「稀発月経」という生理不順は、生理の周期が長いものをいいます。 稀発月経は、排卵が遅れている、排卵が無い、などの原因が考えられています。

そして、無排卵の頻発月経にしても稀発月経にしても排卵が無いわけですから、妊娠する可能性はなく、不妊となる生理不順といえます。

しかし稀発月経の生理不順でも、排卵がある場合は、不妊とは言えません。ただし、排卵の回数が通常の場合より少なくなるため、妊娠する可能性が極端に低くなります。

不妊につながる生理不順になったら早めに産婦人科へ

月に1回来る生理は、女性にとっては煩わしいものと思われがちですが、生理不順が原因で不妊になってしまうこともあり、生理がきちんと来る事は、子どもを授かるためには大変重要な条件なのです。

生理周期が異常な人は生理不順ですので、不妊症の原因になる可能性もあります。生理不順になっても「いつものことだ」と放置せず、出産を計画している方は、早めに産婦人科を受診しましょう。

ポイント 不妊症の原因について説明しています。 生理不順だからといって不妊になるとは限りません。しかし生理不順の中でも頻発月経と稀発月経は排卵が無いため不妊の原因と考えられています。妊娠・出産の計画のある方は生理不順である場合、お早めに産婦人科で診察を受けることをおすすめいたします。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊の原因となる生理不順』と関連の記事

不妊治療での排卵誘発
抗精子抗体が原因の不妊症
不妊の原因 子宮内膜症
不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群
不妊の原因となるピックアップ障害
不妊の原因となる性感染症

| 不妊症の原因 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。