不妊と性感染症の関係

ホルモンのバランスが崩れたり、精子数が減少したり、卵管が詰まったりすると不妊になると言われています。他にも性感染症(STD)のせいで不妊症になることもあります。性感染症とは、主にクラミジアや淋病などのことを言います。

クラミジアは、日本の中で一番かかる可能性が高い性感染症と言われており、ウィルスと細菌のちょうど真中ぐらいの大きさの、クラミジアトラコーマチスという病原体に感染することによって発症します。しかし、性感染症に感染していても症状が全く現れないことも多く、反面、重症化して不妊の原因となってしまう場合もあります。

性感染症のうちクラミジアに感染すると、まず子宮頚管や卵管で炎症を起こし、次第に子宮頚管や卵管が詰まりやすくなり、卵管性不妊症に至るケースもあります。

クラミジアの性感染症初期症状としては、男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎が主な症状です。特に女性の場合は、性交によってクラミジアの病原体が卵管や腹腔へ精子と一緒に運ばれ炎症をおこし、妊娠しにくい体になることもあるので注意が必要です。

さらに女性が性感染症の淋病にかかると、骨盤内感染症をおこす可能性がクラミジアにかかるより高くなり、こちらの場合も気づかず放っておくと不妊症になる恐れが出てきます。

不妊治療だけでなく、性感染症は健康面に悪影響を及ぼし、パートナーにもつらい思いをさせますので、必ず治すようにしましょう。

ポイント 不妊症の原因について説明しています。 不妊の原因は性感染症(STD)が原因で起きるケースもあります。性感染症にはクラミジアや淋病があり、これらの性感染症に感染すると不妊症になる可能性が出てきます。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊の原因となる性感染症』と関連の記事

不妊治療での排卵誘発
抗精子抗体が原因の不妊症
不妊の原因 子宮内膜症
不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群
不妊の原因となるピックアップ障害
不妊の原因となる生理不順

| 不妊症の原因 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。