不妊症と抗精子抗体の関係

女性の悩みの中に不妊症というものがあります。子供が欲しくてもなかなか妊娠できないのが不妊症です。原因は個人差により様々ですが、今回は、抗精子抗体が原因で起きる不妊についてご説明します。

抗精子抗体とは、本来異物ではない精子を異物であると認識し、排除しようとしてしまうアレルギー反応を起こす抗体のことです。抗精子抗体は、主に子宮頸管から子宮の子宮頸管粘液、子宮腔、卵管内、卵胞液内に姿を現します。そして、精子と結合することで精子の動きを鈍らせ、ついには停止させます。これが原因で精子を拒絶してしまうことで、不妊症となるのです。

不妊症の原因が、抗精子抗体によるものであるかどうかを調べるには、血液検査が必要になります。その結果での、抗体の強さなどによりその後の不妊治療の方法、方針が決まります。

抗精子抗体が抗体が弱い場合の不妊治療には、精子の洗浄を行って子宮内に戻すという人工授精を何度か行うという方法があります。この方法でも不妊が解決しない場合や、抗体が強力な場合には体外受精を勧められます。

体外受精では、抗精子抗体の強さに関わらず、直接的に触れる機会すらないので、精子拒絶の影響を一切受けることがないのです。そのため、不妊治療を受けながら体外での受精卵で、妊娠が可能となるのです。

ポイント 不妊症の原因について説明しています。 抗精子抗体とは、異物でない精子を女性の身体が異物と判断し精子に対してアレルギー反応を起こすことです。抗精子抗体ができると、子宮内に入ってきた精子に対して攻撃を仕掛け、精子の運動能力を落とし停止させるため不妊症になります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『抗精子抗体が原因の不妊症』と関連の記事

不妊治療での排卵誘発
不妊の原因 子宮内膜症
不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群
不妊の原因となるピックアップ障害
不妊の原因となる性感染症
不妊の原因となる生理不順

| 不妊症の原因 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。