不妊と排卵異常と排卵誘発

不妊はと、2年以上避妊をしていないのに、妊娠しない状態を言います。不妊が疑わしい場合は、産婦人科で、検診を受けた方が良いといえます。

不妊は女性側の原因として排卵異常が疑われます。排卵異常は不妊の原因として最も多いとされているものです。排卵異常とは、生理は毎月あっても、受精するための卵子ができない状態です。自分が排卵異常を知ったときは、ショックを受けることも多いようです。しかし排卵誘発剤などを使って排卵を促し、不妊を解消することも可能です。

排卵異常がある場合は、セキソビット、クロミッドと呼ばれる薬を服用して経過を観察します。生理が始まってから3から5日の間に飲んで、継続して5日間飲みます。排卵を誘発する薬として一般的に使われているのは、クロミッドです。クロミッドは排卵誘発の効果が高く有効性がありますが、頸管粘液の分泌が弱まるため、精子の侵入を妨げる可能性もあります。

セキソビットは、クロミッドに比べると有効性が下がりますが、排卵に成功した場合、妊娠確率が高くなるといわれています。

また薬の投与のほかに、注射で排卵を誘発する治療法もあります。ヒュメゴン、hMGといわれるものです。注射による治療は薬より有効性が高く、一回の排卵で、複数個排卵する場合が多いようです。実際、双子や三つ子になる可能性が全体の20%に及んでいます。しかし一方で、ヒュメゴン、hMG薬を使用することで、多胎妊娠も問題になっています。

不妊に大きな影響を及ぼす排卵異常は、改善することができます。しかし個人差があるのは事実です。ですが、産婦人科で排卵誘発の治療を行うことの検討をすることは選択肢の一つとなります。

ポイント 不妊症の原因について説明しています。 不妊治療においては、生理が来ない、生理は毎月来ているが排卵をしない無排卵性月経や月経周期が長期にわたったり、安定しない場合は排卵誘発剤の治療が行なわれます。排卵がなければ妊娠は不可能なで、排卵誘発剤を使った治療は、排卵がない、排卵が安定しない人には有効な治療になります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊治療での排卵誘発』と関連の記事

抗精子抗体が原因の不妊症
不妊の原因 子宮内膜症
不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群
不妊の原因となるピックアップ障害
不妊の原因となる性感染症
不妊の原因となる生理不順

| 不妊症の原因 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。