不妊症の原因 カテゴリー一覧

不妊治療での排卵誘発
不妊治療においては、生理が来ない、生理は毎月来ているが排卵をしない無排卵性月経や月経周期が長期にわたったり、安定しない場合は排卵誘発剤の治療が行なわれます。排卵がなければ妊娠は不可能なで、排卵誘発剤を使った治療は、排卵がない、排卵が安定しない人には有効な治療になります。不妊と排卵異常と排卵誘発 不妊はと、2年以上避妊をしていないのに、妊娠しない状態を言います。不妊が疑わしい場合は、産婦人科で、検診を受けた方が良いといえます。 不妊は女性側の原因として排卵異常が疑われます。排卵異常は不妊の原因として最も多い

抗精子抗体が原因の不妊症
抗精子抗体とは、異物でない精子を女性の身体が異物と判断し精子に対してアレルギー反応を起こすことです。抗精子抗体ができると、子宮内に入ってきた精子に対して攻撃を仕掛け、精子の運動能力を落とし停止させるため不妊症になります。不妊症と抗精子抗体の関係 女性の悩みの中に不妊症というものがあります。子供が欲しくてもなかなか妊娠できないのが不妊症です。原因は個人差により様々ですが、今回は、抗精子抗体が原因で起きる不妊についてご説明します。 抗精子抗体とは、本来異物では

不妊の原因 子宮内膜症
子宮内膜症とは子宮の内側にできる内膜が子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。月経になると内膜がはがれて出血を起こしますが出口がなく腹腔内などに溜まったままになるのが子宮内膜症です。子宮内膜症になれば不妊症になるといことではありませんが、炎症を起こしたり、癒着したりすることで不妊の原因となります。子宮内膜症が不妊の原因になる仕組み 本来、子宮に出来る内膜が別の所に出来てしまう病気が子宮内膜症です。内膜がはがれ落ちることで月経になるわけですが、子宮の内側以外の場所にできてしまったものは、はがれても出ていく場所が無く、たまってしまいます

不妊の原因となる多嚢胞性卵巣症候群
不妊症の原因に多嚢胞性卵巣症候群があります。多嚢胞性卵巣症候群となる原因はまだ解明されていませんが、男性ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンバランスが乱れていることや、卵巣の代謝が悪いことなどが原因といわれています。多嚢胞性卵巣症候群と不妊のメカニズム 多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)とは、女性の排卵に障害が生じて卵巣内に卵胞が多くたまり、月経異常や不妊を生じす病気をいいます。PCOSと略されます。 多嚢胞性卵巣症候群は不妊症

不妊の原因となるピックアップ障害
ピックアップ障害は卵巣から排卵された卵子を卵管の先端の卵管采(らんかんさい)が取り込めず、このため精子と結合できない症状をいい不妊の原因です。検査をしても不妊症の原因が不明のケースにはピックアップ障害が絡んでいるといわれています。ピックアップ障害による不妊症 不妊の原因にはいくつかありますが、その一つがピックアップ障害というものです。 ピックアップ障害とは、排卵された卵子を卵管の最も先にある卵管采に取り込むことができない状態をいいます。ピックアップ障害になると、排卵

不妊の原因となる性感染症
不妊の原因は性感染症(STD)が原因で起きるケースもあります。性感染症にはクラミジアや淋病があり、これらの性感染症に感染すると不妊症になる可能性が出てきます。不妊と性感染症の関係 ホルモンのバランスが崩れたり、精子数が減少したり、卵管が詰まったりすると不妊になると言われています。他にも性感染症(STD)のせいで不妊症になることもあります。性感染症とは、主にクラミジアや淋病などのことを言います。

不妊の原因となる生理不順
生理不順だからといって不妊になるとは限りません。しかし生理不順の中でも頻発月経と稀発月経は排卵が無いため不妊の原因と考えられています。妊娠・出産の計画のある方は生理不順である場合、お早めに産婦人科で診察を受けることをおすすめいたします。生理不順と不妊 女性には毎月、生理がありますが、中には生理不順となってしまう方もいらっしゃいます。 生理不順は、生理の周期が乱れてしまうことをいいます。 ただし、生理も人それぞれで個人差がありますから、生理の周期が普通よりも長いとか短いとか


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】




- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。