hMG-hCG療法は注射で投与する不妊治療

ゴナドトロピン療法、またはhMG-hCG療法と呼ばれる不妊治療法は、排卵を強力に促します。月経が無い場合の不妊治療法ですが、通常はクロミッドという経口薬が使用されます。しかしクロミッドでは不妊症に効果が見られない、副作用が強く表れるなどの状態が続く場合に、hMG-hCG療法が用いられます。

クロミッドの副作用とは、子宮内膜が薄い、頸管粘液の分泌量が少ないなどです。クロミッドの副作用の他、長期使用しても妊娠しない、排卵しない場合はhMG-hCG療法に不妊治療を切り替えます。

hMG-hCG療法を行なう場合として、無月経の重症度が関係してきます。無月経の重症度のレベルが第2度で、用いられることが多いようです。第2度よりも重症度が低い、第1度無月経では、クロミッドの効き目が弱い場合にhMG-hCGが用いられます。また、第1度でもPOCSと略される、多嚢胞性卵巣症候群の症状を持つ人には、hMG-hCG療法が用いられることがあります。

hMG-hCG療法による不妊治療は、筋肉注射によって薬物を投与します。まず、hMG注射を打って、卵胞の成長を促します。卵胞が十分に成長したところで、hCG注射を打ち、排卵を促します。

hMG-hCG療法では、内服薬が無いため、筋肉注射で薬物を摂取することになります。またhMG-hCGは痛みが強く、毎日、または2日に1度の注射が必要なため、身体に負担が掛かることがあります。筋肉注射は臀部又は肩に打ちますが、臀部の方が痛みが少ないといわれます。

ポイント 不妊症と注射のことについて書いています。不妊症に効く注射とはなんでしょうか。 不妊治療のhMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)は、卵胞期にhMG注射を打ち卵胞を成熟させ、卵胞が大きくなるとhCG注射を打って卵を排卵させる治療法です。hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)は排卵障害や第2度無月経(第1度無月経よりも重症なもの)による不妊症の治療を目的とした強力な排卵誘発法です。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊治療のhMG-hCG療法』と関連の記事

不妊を注射で治療

| 不妊症と注射 |

- 関連記事 -
- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。