注射による不妊治療薬

不妊の治療に用いられる薬物は種類も投与方法も様々です。点鼻薬や飲み薬のほか、注射を打って薬物を投与することも多くあります。

不妊治療に用いられる一般的な薬物で、注射で投与されるものに、hCG製剤、hMG製剤、FSH製剤などがあります。注射剤では、一種類または数種類を用い、不妊を引き起こしている要因に直接、働きかけます。

注射のうちhCGは、絨毛性性腺刺激ホルモンのことです。女性の高体温期や排卵を促す黄体ホルモンが不足して、不妊の原因となっている場合にhCGが投与されます。hCG注射は、黄体ホルモンや卵胞ホルモンを活発にさせます。

hMGは、ヒト閉経ゴナドトロピンという薬物です。排卵に支障がある人、排卵が無い人に投与されます。卵巣に働きかけ、卵胞を成長させるため、体外受精で卵子を育成させる際にも使用されます。これらの作用のため、一度に二人以上の胎児を妊娠する確率が高くなります。

不妊治療薬を注射で投与すると、内服薬で排卵を促すよりも効き目が高くなります。しかし、効き目が過剰だと、OHSSと呼ばれる卵巣過剰刺激症候群を発症する危険があります。

FSH製剤は、hMG製剤から黄体形成ホルモンを減らした、排卵を促す薬物です。卵巣過剰刺激症候群になる危険性が減らせるため、多嚢胞性卵巣症候群に注射として用いられます。

ポイント 不妊症と注射のことについて書いています。不妊症に効く注射とはなんでしょうか。 不妊治療では注射も使用されます。不妊治療で良く使われる注射にはhCG製剤、hMG製剤、FSH製剤があります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊を注射で治療』と関連の記事

不妊治療のhMG-hCG療法

| 不妊症と注射 |

- 関連記事 -
- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。