不妊治療費は自治体の助成金を受けられる場合がある

不妊は、避妊をしていないのに、2年以上妊娠することがない状態を言います。原因は、いろいろなものがありますので、産婦人科で検査を行うことになります。そして不妊が判明した後、治療を行います。

しかし、不妊治療には、多額の治療費がかかります。このため、経済的な負担の大きさから途中で諦めてしまう夫婦もいます。

そこで、不妊治療をする夫婦に対して、自治体から助成金を支給する制度が、地方によってはあります。「特定不妊治療費助成事業」ともいいます。

不妊治療に助成金を出している自治体については、お住まいの各自治体に直接、問合せをすると詳細がわかるでしょう。

一例として、不妊の助成制度を行っているところに大阪府があります。体外受精、顕微授精の不妊治療が必要であると医師に認められた場合、府知事が認可する病院で治療を受け、治療が済んだ場合に助成金を受けることができるようです。

ですが、排卵誘発剤のみの治療の場合は女医金の支援はいただけないようです。体外受精でも、採卵まで受けていることが必要で、助成金の支援してもらうには、所得制限もあるようです。

助成金で支援される金額は、1年間で2回までで、1回に100,000円まで受け取ることができます。ただし、通算して5年という上限があるようです。

自治体によっては、このような助成金の支援を受けることができるようです。助成金制度は、子供が欲しくても、恵まれない人には、嬉しい制度でもあります。不妊の治療には、健康保険の適用が受けられないものがあります。技術が高度になるほど、保険の適用が受けられず、経済的な負担が大きくなります。ですので、助成金の支援制度を利用して、不妊治療を継続すると良いでしょう。

ポイント 不妊症のケアについてです。 不妊症治療にかかる費用を自治体が助成金支援として出してれるところがあります。不妊治療は高額になることが多いため、助成金の支援制度は助かります。ただし自治体によっては助成金を出していないところもありますので確認が必要となります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊治療費における自治体の助成金支援』と関連の記事

不妊治療に必要なカウンセリング
不妊治療にともなう「うつ病」

| 不妊症のケア |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。