黄体ホルモン製剤〜ホルモンに作用する不妊治療の薬剤

不妊治療で投与される薬剤には、ホルモンに働きかけるものも多くあります。不妊の原因がホルモンバランスである場合には、薬剤の使用はかなり効果が期待できる治療方法になります。

不妊の治療に用いられる飲み薬に、黄体ホルモンに作用するデュファストン、ルトラールといった薬剤があります。黄体ホルモン製剤と呼ばれ、黄体ホルモンが正しく分泌されていない場合に用いられる薬剤です。

黄体ホルモン製剤は、黄体ホルモンの不足を補充し、子宮内膜を成熟させる作用があります。子宮内膜に着床しやすい状態を作り、高体温期を長くすることで、妊娠しやすくさせる薬剤です。

不妊治療薬として、黄体ホルモン薬剤はしばしば用いられます。しかし副作用も報告されていて、頭痛や胸部のハリ感、嘔吐感などの症状が表れることがあります。

クロミフェン製剤〜排卵を促す不妊治療の薬剤

不妊治療で使用される薬剤には、排卵を促す作用をするクロミフェン製剤もあります。 クロミフェン製剤は、効き目の高いことで知られている薬剤です。 しかし、クロミフェン製剤にも副作用があり、長期使用で子宮内膜の厚みや頸管粘液が減るなどの悪影響があります。 子宮内膜の厚みが十分でないと、受精卵の着床を阻むことがあります。 また、頸管粘液の不足は、精子の活動を抑えてしまいます。

排卵を促すは薬剤は、クロミフェン製剤以外にも、クロミッド、シクロフェニル製剤といったっものが他にもあります。不妊の原因が排卵障害の場合に用いられ、通常は生理に合わせて一定期間のみ服用します。クロミフェン製剤、クロミッド、シクロフェニル製剤などは、不妊の症状に合わせて服用する薬剤として知られています。

ポイント 不妊症と不妊治療について説明しています。 薬剤を使った不妊治療はホルモンバランスに作用する黄体ホルモン製剤があります。また排卵を促すクロミフェン製剤やクロミッド、シクロフェニル製剤も不妊治療の薬剤として使用されます。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊治療の薬剤』と関連の記事

不妊治療の第一歩
不妊治療のカウフマン療法
不妊治療の排卵誘発剤のリスク
はじめての不妊治療
不妊治療で評判の病院
不妊治療を受診する時期

| 不妊症と不妊治療 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。