不妊と排卵誘発剤の危険性

排卵誘発剤を使用した不妊症治療があります。不妊は、自然に妊娠に至らない場合を言い、原因はさまざまなことが考えられます。多くの場合、女性に問題があると考えられてしまうことがあり、思い込みや誤解が深刻な悩みと発展することもあります。

不妊で排卵誘発剤を使う場合は、排卵異常で排卵がないときや排卵がされにくい時です。ただし排卵を促す排卵誘発剤は、危険な面もあります。排卵誘発剤でよく使われるものにクロミッドがあります。

クロミッド薬は有効性が高く、不妊の原因が排卵異常の場合に使われています。しかし、クロミッド薬を使うと子宮頸管の粘液が少なくなるので、精子の侵入を阻害してしまう可能性もあるのです。

さらにクロミッドは、子宮内膜が厚くなるのを妨げることがあります。
そして最も懸念されるのが、クロミッドの使用中に排卵誘発剤を使うと、一度に複数個の卵子が排卵されることが出てくることです。このため自然妊娠のときに双子や三つ子などの多胎妊娠になる可能性が高くなります。

多胎妊娠は、母親にかける負担も大きく、赤ちゃんがお腹の中で、十分に成長しない可能性も高くなります。排卵誘発剤は、不妊に有効な反面、卵巣の中で卵子がいくつも成長するために、卵巣過剰刺激症候群になる可能性もあります。

卵巣過剰刺激症候群になった場合、腹水や胸水が溜まることもあります。必要に応じて入院して治療することもあります。

このように、排卵誘発剤にはリスクもありますので、排卵が困難で不妊の状態が続く場合は、危険性も知った上で治療するようにしましょう。

ポイント 不妊症と不妊治療について説明しています。 排卵が起こりにくい、自然な排卵がないと言う不妊症の治療においては、排卵誘発剤を使っての治療はとっても効果の高いものです。しかし、排卵誘発剤を使っての不妊治療にはリスクもあります。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『不妊治療の排卵誘発剤のリスク』と関連の記事

不妊治療の第一歩
不妊治療のカウフマン療法
はじめての不妊治療
不妊治療で評判の病院
不妊治療を受診する時期
不妊治療の薬剤

| 不妊症と不妊治療 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。