不妊治療を始めるにあたって

自分が不妊症かもしれないと悩んでいる人は、なるべく早めに産婦人科を訪れることをお勧めします。まず、初めて不妊治療を行うにあたって必要なものは基礎体温表です。この基礎体温表は産婦人科を訪れる前に2、3ヶ月程度計っておくといいでしょう。

不妊症の検査をする場合、基礎体温表があると医師がそのデータから状態を読み取ることができるので、治療を早く始められることに繋がります。

さらに不妊治療では保険でカバーできる治療がほとんどですので、保険証も忘れずに持ちましょう。人工授精や体外受精などは保険が効かない治療となります。

産婦人科を訪れた場合、問診表の記入があります。これまでにかかったことのある病気や、手術経験などを記入します。また生理の始まった日なども覚えておくようにしましょう。

不妊治療を検査で内診を行うこともあるので、スカートなどの下着が脱ぎやすい服装で行きましょう。

不妊治療をしたからといってすぐに効果が出る人もいれば、なかなか効果が出ない人もいるでしょう。治療の開始はいつ行っても大丈夫ですが、生理終了後から排卵日がくる間に治療を行うと、妊娠するチャンスが広がります。初めて不妊治療に行く際はこの時期を目安に産婦人科を訪れてみてはいかがでしょうか。

ポイント 不妊症と不妊治療について説明しています。 不妊症かも知れないと思ったら早めに産婦人科を受診しましょう。はじめて不妊治療に行く際に用意しておくと良いものは、2〜3ヶ月程度測った基礎体温表です。基礎体温を測っていなかった場合はなくても受診は可能ですが、用意しておく方がいろいろな身体の情報がわかり便利でしょう。
このサイトでは不妊症の治療・改善・原因・症状のほかに不妊症の検査や効果のある食べ物や民間療法まで幅広く不妊症について情報を発信しています。


【不妊症・不妊治療に役立つ方法】


『はじめての不妊治療』と関連の記事

不妊治療の第一歩
不妊治療のカウフマン療法
不妊治療の排卵誘発剤のリスク
不妊治療で評判の病院
不妊治療を受診する時期
不妊治療の薬剤

| 不妊症と不妊治療 |

- サイト管理人 -
あかるいみらい
不妊症治療 不妊症の治療・改善に役立つ情報を書いています。不妊症の原因・症状・検査について、また効果のある食べ物、漢方・ヨガ・気功・温泉情報・病院情報・民間療法なども幅広く紹介しています。お悩みの方に少しでもお役に立てればと思っております。なお情報に関しては注意して厳選していますが保証の限りではございませんのでご了承くださいませ。